FX入門〜初心者は行動心理学で短期筋の行動を読み、チャートでエントリーポイントを探せ!

2020年4月28日

FX入門〜初心者向け独自のトレード手法確立が必須の概要

 

登場人物 


ポッシュFさん

今回の今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」講義は、みなさんそれぞれに合った独自のFXのトレードスタイルを確立することが必要だというお話です。

 

次回の本編ではない相場格言コラムを除くと、FX入門〜初心者向けの序章から第2章の最後ということもあり、今までの記事の中でも特に重要なことをまとめた内容という感じでしょうか?

 

序章の「FX入門〜初心者の規範はファンダメンタルズ、テクニカル、行動心理学!」や第2章の「守破離で身につけるFX入門〜初心者おすすめ必勝パターンと離に達するまでは少額投資!」に書かれていたことを要約しているということですよね。

X君

はい、試験勉強と同じで、覚えるためには読むだけでは十分でなく書いた方が効率的だと言われていますし、自分でも経験としてそう感じていますが、これだけ重要点を繰り返して伝えて頂いたわけです

 

ポッシュFさんのように長い間のトレードでの悪い習慣が抜けていない方は簡単ではなかったようですが、このサイトで最初から勉強されてきたFX入門者やFX初心者の方は、トレードにある程度の自信がついたのではないでしょうか?

ポッシュFさん

そうですよね。

 

FX入門〜初心者必見!ヘッジファンドの動きを読む行動心理学が特に重要で、その上でチャートからエントリーポイントを決める!

私もファンダメンタルズ相場観にばかり頼って失敗していましたが、このサイトのおかげで、CTAなどのヘッジファンドの動きを読む行動心理学相場感が特に重要だということが理解できました

 

そして、結論として、自分には、ファンダメンタルズで大きな流れを読みながら、チャートも見つつヘッジファンドや機関投資家がいつ行動するかを考え、エントリーポイントを決めるという手法が合っているのではないかと考えられるようになりました。

 

さらに、利益が大きく出せて損切りはより小さくできるチャートの節目が読める時だけ、IFDOCO注文で行うということです。

 

例えば、米ドル円で考えますと、昨日の日銀のフォワードガイダンスにより、黒田総裁は国債購入の制限を撤廃、買い入れ枠を3倍にすると発表しましたし、ETF買入政策もすでに拡大されています。

 

CPの買い入れ枠も増やしており、さらなる金融緩和に踏み切ったわけです。

 

しかしこのニュースはツイッターでも流したように、先週金曜夜にリークされていましたし、チャートでも日足のEMA21に頭を抑えられていました

 

その際も急騰後に下落したので、FRBの最近の大型施策に比べると日銀のできることは限られていると市場は見ていると判断し、米ドル円のショートを仕掛けましたが、106円台まで下落し100pips取ることができました

 

ファンダメンタルズでの米ドル高の修正、チャート、金曜夜の動きから予測したヘッジファンドの動きと3つが揃っていたので自信をもってショートできました。

X君

FX入門〜初心者必見!そこまで考えているのなら、普段の口座ではなく、別の口座で中長期狙いで豪ドルを売るべき!

本当に成長されましたよね

 

2年前はファンダメンタルズだけは説得力があるという感じでしたけど。

 

前回は豪ドルのディップを狙うというお話でしたが豪ドルはだいぶ上がってしまいましたよね?

 

反対に中長期口座での戻り売りはどうでしょうか?

ポッシュFさん

戻り売りですか、確かにいいかもしれないですね!

 

豪ドルはFRBのかつて例のないジャンク債まで買い上げるという大胆な政策発表後急速に戻しています

0.55まで下げたのが0.64まで戻しています。

 

3月の急落前には0.66台だったのでおよそ80%の戻しです。

 

0.66には日足ではEMA150もあるので抵抗となるかもしれないですね。

X君

はい、そうですよね。

 

南アフリカランド買いにはやはり中長期口座でも反対です。

 

新型コロナウイルス終息まで1年はかかるという話もあるので、各国の中銀の超緩和策でのお金あまりで戻した米国株も再び下落に転じるかもしれないですし、そうなるとさらに下がることになりますよね?

 

新型コロナウイルスの原因究明に関してオーストラリアと中国の間で緊張が続いています。

 

 

トランプ大統領も原因調査中だと発言していますし、ミズーリ州は中国を提訴しています。

 

関連の深い中国経済の回復を見込んで上昇してきた豪ドルですが、こうした動きが顕在化するとベアマーケット入りする可能性もあるのではないでしょうか?

Fさん

はい、全くおっしゃる通りです。

 

X君の説明してくれた動きがどうなるかというファンダメンタルズと、ヘッジファンドなどの見解、そしてチャートではEMA150を抜けてくるかどうか、この3つを見ながら考えてみたいと思います。

 

第2章終了前にここまで理解できてよかったと前向きに考えて、FX入門者や初心者のみなさんと一緒に頑張っていきます!

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!

↓クリックしてランキングにご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング