FX入門〜初心者はアノマリー、行動心理学、騙し、バイオリズムを勉強し、負けは負けと認めるべき!

2020年5月9日

FXでは全ては自己責任の入門〜初心者向け概略

登場人物 


ポッシュFさん

今回の今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」は、FXも含めた投資はすべて自己責任というお話ですね。

 

これについては入門者から脱初心者を目指す方まで含めて、誰もが通る道だと思います。

 

投資に限らず、何かが起きると、人間というものは他責にしたい、そうすることで気分が楽になるからです。

 

しかし、投資については、最終的には自分が決めることなので自分の責任だということは頭では理解できているつもりですが、体で理解できているかというと、あまり自信はありませんね。

 

X君はいかがですか。

X君

そうですね、体でも完全に理解できているかというと、いつもと違って断言できないかも。

 

元プロの為替(FX)ディーラーの方の本から身についているので、有名なストラテジストやエコノミストの話を鵜呑みにしないことは、できていると思います。

 

FX入門〜初心者注目!頭では分かっていても、体で理解するのは難しく、つい相場のせいにしてしまう!

でも、ヘッジファンドなどのおかげで変な動きをすることがあると、やはりもう入門者や初心者でなくても、為替(FX)相場のせいにしてしまいたくなることはありますよね。

 

例えば最近のポンドの動きなど、僕はポジション持っているわけではないので関係はないけれどポッシュFさんのツイートをみていて動きを追っていたのですが、ジョンソン首相が新型コロナウイルスに感染、感染者や死亡者もイタリアやスペインに次ぐレベルまで急増しているのに強いのは謎ですよね。

 

その間のレンジで強制ロスカットされた方からしたら「やってられない」と思われても仕方がないのでは。

 

FX入門〜初心者注目!相場のアノマリーも行動心理学も勉強できるので、やはり負けたのは自己責任と思うべき!

でも、例えばお盆休みには市場参加者が減って閑散となるとなる東京マーケットを狙って短期筋ミセスワタナベ狩りを仕掛けて円高になるというアノマリーがありますよね?

 

昨年も、特に1昨年は、8月10日のトルコリラ騒動の影響を受けたと言われていますが、ユーロドルは128円半ばから125円半ばまで、豪ドル円は82円半ばから79円半ばまでそれぞれ300pipsも円高になりましたよね。

 

米ドル円は昨年はなぜはほとんど動きませんでしたが。こうしたアノマリーが分かっているのに行動できなかったのとしたら自己責任ですよね。

 

FX入門者や初心者の方でも、まずはこうしたアノマリーを覚えて、まだ勉強していなかったり、忘れていた場合は、自己責任だと思うべきではないかと。

ポッシュFさん

確かに!

 

アノマリーを分かっていて動けないというのは私の欠点ですね。

 

仕事などに気をとられていて、何か相場が動いているなと思ったら、あれ今日って5,10日の東京仲値や週末のロンドンフィキシングだなどということはよくありますね。

 

オポチュニティー・ロスばかりです。

 

FX入門〜初心者必見!ファンダメンタルズと逆の動きをするアルゴ取引の騙しも読む必要がある!

それにしても、お互い入門者や初心者の方のように著名なエコノミストやアナリストの話を鵜呑みにしてその方のせいにすることはないですけど、やはりヘッジファンドなどの短期筋のせいにはしたくなりますよね(笑)。

 

為替(FX)相場が不可解な動きをしますから。

 

特にヘッジファンドの中でも自動的に売買を行う巨大なアルゴ取引を用いたCTAが主流になってきてからは、ますます相場が突然一方向に動き出すので。

 

しかもファンダメンタルズとは逆の動きをすることも多い

 

そうなるとますますメンタルを鍛えて、行動経済学を勉強して、相場観よりも相場感を磨かなければという話になりますよね、入門者や初心者の方はやることが多くて大変ですよね。

 

 FX入門〜初心者必見!好不調を教えてくれるバイオリズムのウォッチと相場感を磨く事が勝利の秘訣

それと、相場の流れを読みバイオリズムで好調不調を判断する事が、FX入門〜初心者勝利の鉄則!」にあったようにバイオリズムもウォッチした方が良さそうですね。

X君

はい、今井先生のおっしゃるように、自分がこの人だと決めた先生、しかも数人をお手本にして、その方々の意見を参考に自分で決める、決める際にはヘッジファンドなどの動きを予測して自分で判断するということ。

 

そしてバイオリズムなどで自身の調子がいいか悪いか、ツキがあるのかないのか、などを考慮して調子悪そうだったら休むも相場だということですよね。

Fさん

実は米国と中国の株式市場が少し安定してきたのと、大幅に下落してきたWTI原油価格も20ドルから25ドルへと3日に戻してきたので4日早朝にAUD/USDを0.605で再度エントリーしたのですが、0.60まで下がっています、原油は29ドルぐらいまで上げたのですが。

 

FX入門〜初心者におすすめ!ユーロ、ポンド、豪ドルの特徴と比較 、アノマリー」にあるようにオーストラリア経済は中国経済の動きを受ける、リスクオンでは上昇する、産油国ではないけど資源国であるという3つの尺度から決断しました。

 

しかし、チャートを見ると日足がEMA21の0.61後半が抵抗となり下落している状態です。十字線が木曜日に出ていたので悪くはないと思ったのですが、チャートの形状がよくないです。

 

今井先生がテクニカルとファンダメンタルズの両方が揃ったときにエントリーと教えてくださっているのに、またファンダメンタルズに頼ってしまいました

 

完全に自己責任です。

 

自己責任だとは体でも半分程度は分かってはいるつもりですので、やはり私の問題は相場感がまだまだでヘッジファンドなどの動きを読めていなく、まさに今井先生の書かれているように「こんな局面で上がるのはおかしい、為替(FX)マーケットが間違っている」と思ってしまうアナリスト気質が抜けていないところだと思います。

 

今後は相場観よりも行動心理学や相場感、テクニカルを重視するように心がけたいと思います。

X君

失敗することについてこれだけ考えられるようになったのですから、守破離で身につけるFX入門〜初心者おすすめ必勝パターンと離に達するまでは少額投資!」で先生が語られていた守破離の離の域には到達できているのですからよいのではないでしょうか?

 

少なくとも損失は小さく、利益は大きくなっているのですから、引き続き頑張りましょう!

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!

↓クリックしてランキングにご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング