FX入門〜初心者におすすめ!12月半ば迄は円安、年始はフラッシュクラッシュに注意!

FX入門〜初心者必見!欧米企業は日本企業と異なりはカレンダーイヤー(暦年)決算を採用している!

登場人物 


ポッシュFさん

今回の今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」講義は、入門者から脱初心者を目指す方向けの海外の季節要因のお話ですね。

 

私は外資系企業でも働いた経験があるので、欧米では日本と異なりカレンダーイヤーで1月から12月決算の会社が多いことは知っていました。

 

実際は右に倣えの日本とは異なり欧米は自分は自分という考え方なので、7月決算の会社や10月決算の会社でも働いたことがあります

X君

そうなのですね!

 

欧米人は個性を大切にしていて、他人と違ってる方がよいと考えているぐらいの話は聞いたことがありましたけど、まさか決算期までそれぞれだとは知りませんでした。

 

通常は暦年だとは父も大手外資系で働いていたので知っていましたけど。

ポッシュFさん

FX入門〜初心者必見!日本企業は教育機関の卒業に合わせ3月決算が主流で3月にはレパトリで円高となる!

日本は国や市町村などの公的機関の決算が3月であることと、教育機関も3月が卒業時期に当たり4月に新卒を一斉採用する形式を戦後長期に渡り取っていたので、暦年でなく3月決算だったのでしょう。

 

しかし、近年はソニーやリクルートのように新卒を通年採用する企業も増えてきています。

 

学生サイドでも英語を話せることが将来は重要になると考え、半年の海外語学留学を経て10月に入学する動きなどもあるようです。

 

新型コロナウイルスの影響で9月入学も検討され始めたようですし、将来は決算期も欧米に合わせて暦年になっていくのかもしれないですね。

 

しかし、実は3月決算というのは伝統的な大企業の話であり、Web系の企業やオーナー経営の中小企業は日本でも個性重視なのか、決算期はバラバラです。

 

暦年になっていくというのはあくまでも歴史のある大企業に限った話でしょうね。

 

話が逸れましたが、FXの世界では「FX入門〜初心者におすすめ!4月後半の円安等FX(為替)相場の日本の季節要因」で今井先生のお話にあった通りで、機関投資家や輸出企業などの大企業の決算期は3月なわけですから、3月中旬まではレパトリで円高、新年度となる4月の第2~3週ぐらいから円安傾向というアノマリーは当分変わらないと思います。

 

もちろん、2020年は新型コロナウイルスの影響でロンドンフィクシング五十日以外のアノマリーは全く当てはまっていませんけど。

FX入門〜初心者必見!欧米企業は12月決算が主流なのでレパトリで12月中旬までは円安、1月には円高に!

また、同じ論理なので、海外の機関投資家の決算対策やグローバル企業によるレパトリエーションで12月中旬までは米ドル高、1月には米ドル安になるということは簡単に理解できました。

X君

はい、12月中旬までは米ドル高になるというお話ですが、2019年は調べてみたらその通りでしたよね。

 

12月頭には108円半ばだったのが、中旬には109円台半ばと、1円米ドル高が進みました。

 

しかし、クリスマスからは反転して年初には108円を割りましたが、今井先生からすると通常の動きだったということなのですね。

 

だけど、1月は2019年も2020年も円安となったのであくまでもアノマリーということでしょうか?

 

FX入門〜初心者必見!年初の短期筋のミセスワタナベ狩り(フラッシュ・クラッシュ)には注意が必要!

 

ちょっと昔の話になりますが、2018年末には2019年は米ドル高というアナリストなどの意見を多く目にしていたので、円安だと思っていました。

 

それでも、お正月はアメリカでは日本でいう元旦だけが休みで2日からは通常通り市場が始まるということは父から聞いて知っていたので、年末を挟んでポジションを持つことは絶対に避けていました

 

日本市場が休みで市場が閑散とするときは短期筋に狙われて円高仕掛けが起こりやすいことは元プロの為替(FX)ディーラーの本で学んでいたので。

 

ポッシュFさんが「FX入門〜初心者は新年、GW、お盆前はミセスワタナベ狩りに注意!」で教えてくださったミセスワタナベ狩りまではあの頃は知りませんでしたけど。

ポッシュFさん

確かに2019年初頭は、今回の今井先生のお話を読んでいると、”1月に入ってクリスマス休暇から市場に欧米ディーラーが戻ってくると一気にブレイク”というお言葉通りの展開でした。

 

2019年は1月3日のフラッシュクラッシュで、年末の109円から2019年の米ドル円の予想下限値の105円台まで一気に下げました!

 

その後円安になっただけで、2018年12月中旬の113円半ばと比較すると2019年1月中旬は109円半ばで、4円もの円高となります。

 

やはり12月半ばまで円安、1月は円高というアノマリーはあてはまるのではないでしょうか?

 

年始やGW、お盆休みのフラッシュ・クラッシュには要注意ですね。

FX入門〜初心者注目!家族が集まるのはヨーロッパではクリスマスだが、アメリカではサンクスギビング!

また、サンクスギビングですが、米国のMBA留学中にこちらに家族がいないのだからと友人に招待していただいた記憶があります。

 

アメリカ人にとってはクリスマス以上に重要なイベントという印象が強いですね。

 

ヨーロッパはもちろんクリスマスなのですが、アメリカでのサンクスギビングやヨーロッパでのクリスマスは家族と過ごす日という意味で非常に重要な日ということです。

 

そう考えると、日本のお盆のように家族が集まる絶対外せないイベントなのでサンクスギビング前に一旦ポジションをクローズするというのも頷けますね。

X君

サンクスギビングはそんなに重要なのですね!

 

ハロウィンの方が重要かと思っていました(笑)。

 

でも、ハロウィンもニューイヤーもお祭りで、意味が違うのかも。

 

後、イースター旧正月毎年時期が変わるということも知らなかったので勉強になりました。

 

また、全くケアしてなかったので、今後は注意するようにしますね。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!

↓クリックしてランキングにご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング