FX入門〜初心者におすすめ!銀行とその顧客、機関投資家とGPIF

2020年7月9日

FX参加プレイヤーの分け方〜銀行とその顧客、実需筋と資本筋〜

 

登場人物 


ポッシュFさん

今回から始まる第4章の今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」の講義では、入門〜脱初心者を目指す方だけでなく中級者向けに、FXに参加するプレイヤーについて比較・解説されていくようです。

 

FX入門者や初心者の方には少し難しい内容になっていますので、序章から第3章までをしっかり読んでおかれるようお勧め致します

 

まずは市場に参加するプレイヤーは銀行とその顧客に2分されるという話ですね。

 

これはすべての為替取引は銀行を通じて行われるので、銀行とその他と分けると意味のようです

 

そして顧客は実需筋、機関投資家ヘッジファンド、そして我々のような個人投資家に分けられると理解できました。

X君

はい、そうですね。

 

そのほかに日本と海外、実需筋と短期と長期、というわけ方もあるとのことですが、実需筋と資本筋の短期と長期の話は第3章でいくつかの項に渡って詳しく解説されていましたよね

 

概論である「FX入門〜初心者におすすめ!貿易は市場の7%だが米国の貿易赤字が話題の時のみ円高要因!」にありましたが実需筋が為替 (FX)市場全体の7%に過ぎず、資本筋があくまでも主だというお話でした。

 

そういうわけで、この章では日本と海外に分けて銀行とその他のプレイヤーについてそれぞれ解説してくださるようですね、楽しみです

 

FX入門〜初心者必見!機関投資家とは?

 

まず機関投資家の説明ですが、用語集を見て初めて知ったのですが、中長期の投資家ということなのですね。

 

今井先生の解説を読んでいて、あれなんでヘッジファンドは別に書いてあるんだろうと思ったのですが、ヘッジファンドは短期筋だからなのですね、

 

機関投資家ぐらいはFX入門者や初心者の方も知っておくべきですね、僕も分かっているようで分かってないかったみたいです。

ポッシュFさん

そうなのですね、X君が分かっていないのは意外でした。

 

しかし、このように違った角度から説明していただけるので、いつかは分かるようになるのでためになりますよね。

 

また、GPIFなどの年金から投資信託までが含まれるわけですから、その運用規模が巨大だというのは理解できますね。

 

その巨額の資産の4割が外貨建てで運用され、毎日タイミングを見つつ、外貨を調達するのですから、ヘッジファンドと並んでFX市場への影響は計り知れないというわけですね

 

また、「FX入門〜初心者におすすめ!ポジションが偏っている時は投機筋の仕掛けに注意!」で今井先生が、「中長期の投資家がリスクヘッジするようにチャートの分岐点に短期筋が追い込む」とありましたが、これこそが今回書かれている機関投資家の「保有している外貨建て資産が減ることを防ぐためにリスクヘッジする」という習性を利用したヘッジファンドの仕掛けなのでしょうね。

 

以前の解説も合わせて考えると、さらに理解が深まりますね。

X君

FX入門〜初心者注目!ポンドの行方は?

ところで6月末のブレグジット交渉は未解決のまま終わったのですがポンドは下がりませんでしたね

ロンドンフィックス前に少額だけロングにして正解でした。

 

ちょうど数日前に「FX入門〜初心者おすすめコラム 犬とその影 欲張ってはいけない!」で「相場に欲は禁物」と今井先生から習ったばかりですから、その後更に上がったようですが、夜7時の133.75円から12時の134.05円へと30pipsも5時間でで取れたのですから十分です。

 

ポンドは新型コロナウイルスの影響なのかブレグジットのニュースで動かないので毎週ロンドンフィックスで、小さいポジションでデイトレードをするのが効率的かもしれないですね。

 

ボラティリティが高いのでユーロよりは動くので、FX入門者や初心者の方にもおすすめですかね。

ポッシュFさん

そうですね、入門者や初心者方にも損切りをしっかり入れて小さなポジションならよいのではないでしょうか。

 

30pipsでも、毎週ほぼ確実に取れるのならば、良しとするべきですよね

 

FX入門〜初心者注目VIX指数が22.5を超えると用心が必要だが新型コロナウイルス流行の3月以来ずーと上回っている!

 

EUと英国のブレグジットの会議は7月7日に再開し8月17日まで続くそうなので今月はテーマとなるとのことですがいつになるかはわかりません。

 

日本のSQも今週通過しますが、米国は来週です。

 

6月の半期終了に伴う欧米企業のレパトリも終わったのは円高要因です

 

米中貿易戦争が続き、アメリカでのコロナウイルス第2波が収まらず、米国のVIX指数が危険と言われる22.5を3月以降超えているままですので、入門者や初心者の方は気をつけてください

 

キャッシュ余りでの株高は続いていますがさらに感染が拡大すると、機関投資家がキャッシュポジションを増やそうとするので、需給関係から日米の株式市場は売られ、円高となるでしょうから。

 

FX入門〜初心者必見!GPIFとは?

 

話が逸れましたが、今井先生はFX入門者や初心者の方でも知っておくべきGPIFについても解説されていますよね

 

GPIFは公的年金で支払われたものを差し引いた部分を運用しているということですから、まさに我々の将来の年金に関わってくるの頑張って運用して頂かないと困りますよね。

 

有名なカリフォルニア州の公的基金を上回る世界最大の公的基金だとは知りませんでした。

 

この低金利時代ですし、年金財政は日毎に厳しくなっているわけですから、ローリスクローリターンからハイリスクハイリターンの商品への分散投資が進んでいるのは当然ですよね

 

現在の基本ポートフォリオでは海外債券が全体の15%、海外株式が25%を占めるというのも頷けます。

 

60兆円も運用されるのですから、為替市場への影響は絶大ですよね。

 

そして日銀と共に日経平均株価を買い支え、つかり円高を食い止めているのですから、FX入門者や初心者の方中心の外貨買いが好みの個人投資家にはありがたい存在ですよね、GPIF、勉強になりました。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!

↓クリックしてランキングにご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング