ショートとロング

2020年5月9日

英語ではshort(position)とlong(position)です。ショートが売りで、ロングが買いのことです。そのまま日本語になりました。英語ではpositionをつける場合もあるので、日本語でもそれぞれ売り持ち、買い持ちと呼ばれることもあります。

 

ショートは売りでエントリーし、買いでエグジットするわけで、その差が利益または損失となります。ロングはその逆で買いで入って、売りで手仕舞うこととなります。

 

また、相場の動きが早い(目標への到達スピードが短い)ので売りがショート、遅い(目標への到達スピードが長い)ので買いがロングと言われています。

 

今井先生が後述されていますが、売りによる下落の方が買いによる上昇よりも早く手っ取り早く利益を上げられるので、プロの為替(FX)ディーラーはショートをロングよりも好むとのことです。

 

そういうわけで、FX入門者や初心者の方は、急騰よりも急落が要注意ということです。2019年12月のポンド/ドルの日足を見ていただければご理解いただけるのではと思います。

 

用語集へ戻る

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!

↓クリックしてランキングにご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング