ETF/上場投資信託

2020年1月5日

ETFとは英語ではexchange traded fundでその略語です。英語の直訳通り、投資信託の中でもS&P500や日経平均などの指数に連動し、証券取引所や先物取引市場など金融取引市場に上場しているものを指します。日本語では上場投資信託とも呼ばれています。

 

連動する指数は株式だけでなく不動産を扱うREITや債券や金や石油などの商品(コモディティ)、為替を扱うものまで様々です。もちろん、日本だけでなく海外の商品も購入可能です。

 

指数連動という意味ではインデックスファンドと類似していますが、上場しているという点が異なります。安価で、いつでも好きな時に売買ができ、値動きにも透明性があり、分散投資の一つの選択肢として考慮に入れるべき商品といえるでしょう。

 

ところで、日本の株式市場では日経平均株価指数を吊り上げる為なのか、日銀によるETF購入が続き、ブルームバーグの記事によると2018年の購入額はなんと6兆円を超えたそうです!

 

この為TOPIXや700以上の銘柄が年初来安値を12月初旬につけたのに対して、日経平均はTOPIXより5%高い水準を維持、安値をつけていません。もしリーマンショックなどの暴落が起きたらどうなるかと心配する声が増えました。

 

しかし、FRBがトランプ大統領の圧力からか利上げから利下げに転換、2019年は3回の利下げを行いました。そのため、米国株と共に日本株も上昇基調を維持し、日経新聞の記事によると、2019年の日経平均株価の終値は23,656.62円となり1990年以来29年ぶりの高値となりました。

 

ETFが株式市場に与える影響は2020年も続くでしょう。

 

また、2019年に注目されたの安全資産とされる金ETF(上場投資信託)です。2020年1月9日の日経新聞の記事によると、金の国際調査機関の発表ではその運用金額は1410億ドルとなり過去最高、前年から40%ほども増え増加額もリーマンショック時を超えたとのことです。

 

米中貿易戦争によるリスクオフと日本や欧州のゼロ金利など世界的な低金利の中で特に年後半に金が買われたとのことです。

 

金と米国や日本の株価は負の相関があるわけで金が買われ株が下落すると米ドル/円も下落し円高となるので、FX入門者や初心者の方も金上場信託の動きは見ておいたほうがよいでしょう!

 

用語集へ戻る

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!

↓クリックしてランキングにご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング