ハイパーインフレ

英語のHyperinflationがそのまま日本語となりました。正式にはハイパーインフレーションです。物凄い勢いで急激に進行するインフレのことを指します。

 

国際会計基準の定義では3年間で累積100%、累乗では年率26%ほど、という定義があるようですが、年率25%近くに達したインフレ率はハイパーインフレと呼ばれることが多いようです。

 

平和時におけるハイパーインフレは、経常赤字国に対して海外からの投資が行われたものの経済が成長せず、その国への不信感から資金が引き上げられる際に起こります。2018年のベネズエラでのインフレ率は100万%に達しました!

 

リーマンショック後の先進国による史上初の規模のQEにより資金が溢れ、2009年以降本来なら投資不適格であるような国にも多額の投資が行われてきました。それが、FRBBOEのQE終了と利上げへの転換、ECBなどもテーパリングを開始し2018年には、エマージング市場から先進国へのレパトリエーションが起きたことで、経常赤字国からの資金の引き上げが起こりつつあります

 

アルゼンチンは1988年にハイパーインフレが発生しましたが、2018年にもIMFへの援助を頼むほどに状況が悪化しています。ブラジルでも1986年から1994年に発生しましたが、2018年になりその通貨レアルは急落しています。トルコも8月のCPIが17.9%となり、ハイパーインフレへ陥る危険性も囁かれています。

 

ハイパーインフレに陥ると、中央銀行により市場のコントロールは困難となります。「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」では、こうした可能性の高い格付けが低い経常赤字国であるエマージング通貨への投資はFX入門者や初心者の方にはおすすめしていません

 

用語集へ戻る

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!

↓クリックしてランキングにご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング