FTA/自由貿易協定

英語のfree trade agreementの頭字語です。日本語では自由貿易協定とよばれます。

 

名前の通り、2カ国またはそれ以上の国や地域(EUなど)が関税などの貿易障壁をある一定期間内に削減、撤廃する協定を指します。アメリカとメキシコ、カナダの間で結ばれたNAFTA(North American Free Trade Agreement)が代表例としてよく知られています。

 

アメリカが貿易で同盟国を含む他国から不利益を得ていると主張するトランプ大統領は新しい条件でのFTA締結に非常に熱心であり、カナダが要望に応じなかったところ、カナダを無視してメキシコと2国間で協定を結ぶと圧力をかけ、カナダが折れる形で新NAFTAが2018年9月30日に締結されました。米国への乗用車輸入台数への数量規制を導入するという管理貿易色が強い協定となり、名称もUSMCAとなり、free tradeという表現が消えました。また、通貨安誘導を防ぐ為替条項も追加されました。

 

日本と米国の新貿易協定であるTAG(日米物品貿易協定)への影響が懸念されています。通貨安誘導の禁止は当然円高要因であり、自動車税が導入された場合な日本経済にとってダブルのネガティブインパクトとなります。

 

米中首脳会議が6月に後連れし、ドル円ロングが溜まっているまま10連休に入り、1月3日のフラッシュクラッシュの再来も懸念されました。

 

日米首脳会談は8月に実施されましたが、貿易交渉については進展はありませんでした。しかし、10月にはエアバスへの補助金が不当としてトランプ政権がEUからの輸入品に報復関税を発動するなど、同盟国である欧州や日本への圧力は大統領選のある2020年までは人気取り政策として継続しそうです。

 

用語集へ戻る

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!

↓クリックしてランキングにご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング