FX入門〜初心者におすすめ!コロナウイルス収束前の2月〜3月までは豪ドル円売り?

2020年5月9日

基軸通貨のドルとユーロ、豪ドルとニュージーランドドル、それぞれの比較と違い入門・初心者向け概要〜

登場人物


ポッシュFさん

今回の「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」講義では、FX入門者から私のように初心者脱却を目指す方のために、FXで取引されている色々な通貨とその仕組みについて解説されていますね。

 

ドルが基軸通貨でユーロがそれに近づきつつあるなど主要通貨についてはある程度の知識がありましたが、準主要通貨などそれ以外についてはあまり知りませんでした。

 

X君はいかがですか?

X君

はい、僕も同じです。

 

基本FXでトレードしているのは米ドルとユーロだけなので。

 

特に、豪ドルとニュージーランドドルについては、南半球にある、似たような資源国通貨のイメージでした。

 

だから、ニュージーランド・ドルが実は準主要国通貨で、その流通量が豪ドルの50分の1しかないことは、以前に読んだのかもしれないのですが、全く覚えていなかったです。

ポッシュFさん

そうですよね、私も知らなかったです。

 

FXでは主要国通貨以外は流通量が少ないので大きく変動することがあるから注意するべきだというぐらいは知っていたのですが、まさかニュージーランドドルさえこんなに少ないなんて驚きです!

 

ポンドも大きく動くので痛い目に遭ってきたのですが、私はもうドルにユーロ、豪ドルぐらいしか手がけないようにするつもりです。

X君

はい、その方がいいですよ!

 

FX入門者や初心者の方はまず米ドル円から始めるべきです!

FX入門〜初心者必見!トルコリラへの投資はやはりギャンブル!

 

FX入門〜初心者にはトルコリラや南アランド等のエマージング通貨は危険!」で話題に上ったトルコリラですが、やはり危ない通貨のようですね。

 

アルゼンチンが通貨危機にあったという話は耳にしたことがあったのですが、トルコも経験があるというのは初耳でした。

 

通貨危機に遭うような危ない通貨だから通常は日本のFX会社ではアルゼンチンの通貨は扱われていないのだと思っていました。

ポッシュFさん

はい、そうですよね。

 

東南アジアも90年台後半でしたか、アジア通貨危機というのがあったという記憶があります。

 

通貨が安いのでリゾートに安く行けると友人と盛り上がったのですが、高級リゾートは宿泊費などすべて米ドル建てなので、なぁーんだ、となったような。

 

エマージング通貨では南アフリカランドは昔からありましたが、トルコリラが2017年くらいから人気となり、最近はメキシコペソまでも扱われるようになっています。

X君

FX入門〜初心者注目!日本はハイパーインフレになっていないので幸せ?

 

インフレデフレの解説も分かりやすかったです。

 

これなら経済が苦手なFX入門者や初心者の方でもご理解頂けたのではと思いました。

 

スタグフレーションというのは、なんとなく理解できたようなという程度ですけど(笑)

ポッシュFさん

スタグフレーションはいわゆる不況下での物価上昇というもので、ハイパーインフレと並んで最悪の経済状態ですね。

 

日本は以前トイレットペーパー買い占め騒動で話に出たオイルショックの際に一時期スタグフレーションになったようですが、戦後はほとんど経験がないと思います。

 

そういった意味では、幸せなのかもしれないですね。

X君

FXにおいては経済発展が見込めないのに金利を高くしている国は注意が必要とありますけど、まさに経常赤字国で金利が高いトルコなどのことですよね

 

やはり、こうした国の通貨でエントリーするのはギャンブルなのだとますます確信できてよかったです。

ポッシュFさん

この点はお互い大丈夫のようですね(笑)。

 

私もせいぜいポンドまでですので。

 

しかし、最後に今井先生が指摘されているように、日本の金利はしばらく低いままですから、やはりFXなどの投資スキルは磨く必要があるということですね。

 

豪ドル円はコロナウイルスが落ち着くまでは売りだが遅くとも3月には底を打ちFRBの隠れQEにより高値を目指す?

ところで、最近米ドル円が今年1月8日以来の108円前半にまで下落してきましたね。

 

これは中国武漢発のコロナウイルスによる患者数がが2003年のSARSを上回ってきたためです。当時と比べると中国国内の交通網や海外への飛行機でのアクセスが飛躍的に増加しているので上回るのは当然だと思っていました。

 

23日木曜日に75.3円で豪ドル円をショートにしたのは正解だったようでまだホールドしています。2002年11月に発生したSARSのケースでは2003年3月には米国株は底を打ち反発しています。

 

今回のコロナウイルスの発生は12月ですが、1. 4月には気候も暖かくなり収束が期待できる、2. 致死率は10%に対して3%、3.原因ウイルスの特定までSAARSでは2003年4月まで5ヶ月かかったが今回は1ヶ月で特定できた、4. 3月初頭の全国人民代表大会を控え中国が収束に向け真剣に取り組んでいる、こともあり、今回も米国株は3月には底を打つのではと考えています。

 

2020年はFRBが利下げを予定していることに加え、すでに昨年11月から隠れQEも行われているのでリスク通貨である豪ドル円はその前に反発に入るのではないでしょうか?今年は下落時にも利益を上げられていますがその後も安めをうまく拾えれば久しぶりに大きなゲインが期待できそうですね。

 

現在エマージング・マーケットから流出している資金もアメリカを始めとした先進国から還流するので、エマージング通貨が大きく下げることがあれば買いのチャンスかもしれないですね。

 

その際は短期の動きに左右されないように長期用のスワップポイント狙いの口座を別に開設することをおすすめします。

 

スワップポイントについては「2020年1月版 FX入門〜初心者おすすめ8社口座スワップ比較」を参照ください。

X君

豪ドル円はポッシュさんの予測通りさらに下がってもおかしくないですね、米国に続いて中国と関係の深いオーストラリアも中国からの入国者を受け入れないと発表したので豪州経済への影響が米国より大きいのでやはり米ドルではなく、豪ドル売りですよね。

ポッシュFさん

意見が一致しましたね!

 

暫くはリスクを減らすために豪ドル円のみでいきたいと思います。

そういえば、ポジポジ病がついに治ったみたいです!

 

ポンドが予定通り1月31日にEUを離脱しましたが、エントリーしませんでした。予想外にポンドは上昇したので、売らなくて正解でした!

X君

凄いじゃないですか!

 

以前のFさんなら間違いなく売ったり、買ったりしていて含み損を出してしまい、せっかくの豪ドル円ショートのチャンスを逃していたかもしれないですね。

ポッシュFさん

ありがとうございます。

 

進歩したと前向きに捉え、この調子で今後も自信がある時のみエントリーするように心がけてみます

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!

↓クリックしてランキングにご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング